BLOG

脂肪のつきやすい時期

131010_1105

1、胎児期
まだお母さんのお腹の中にいるときで、9~10か月ぐらいの時です。

2、幼児期
0~5歳の間は脂肪細胞やほかの細胞の数も一番増える時期です。
一度増えた脂肪細胞はなくなることは難しいです。
脂肪細胞滴の中の脂肪の量は減らすことができます。
私達が普段の生活で脂肪を減らすということは、まさにこの事を指します。

3、思春期
12~15歳、性ホルモンの変化により女性らしい体に変化していきます。
太もも、胸、下腹部などは女性が特に脂肪がつきやすいのはホルモンの影響がおおきいです。
体脂肪率が11%で生理がストップし、17%で初潮が来ます。
なので、この時期の体脂肪はある程度必要でもあります。

4、妊娠期
胎児への栄養の補給、
体温の維持、
出産後の授乳期に向けての栄養の確保のためです。

5、更年期
卵巣機能が低下し、女性ホルモンバランスが崩れるので、
脂肪がつきやすくなります。全体で気に代謝も低くなって、内臓機能も衰えてきますので、
ため込みやすい体になります。

自分の体に向き合って、
今自分に合うダイエット方法を選ぶのが大事でしょう。

Soin de Mei (ソワン・ド・メイ) | 新宿区四谷三丁目のインディバエステサロン

〒160-0006 新宿区舟町4ー1メゾン・ド四谷301

TEL:03-6380-5209 HP:http://soin-de-mei.net Facebook:https://www.facebook.com/soindemei301/

アーカイブ

カテゴリー

TOP TEL